行橋市の牡蠣処「蓑島漁港」では、目の前に広がる豊前海の恵を受けて育ったブランド牡蠣「豊前海一粒かき」の直売所(蓑島カキ直売所・永田カキ直売所)に併設された直営のカキ小屋が2軒営業されています。
蓑島漁港のカキ小屋

漁港の手前側にドカンと「蓑島カキ直売所」。さらにその奥に進むと「カキ小屋 永光丸(永田カキ直売所)」の看板を発見する事ができます。
蓑島漁港カキ小屋配置

両直売所共に巨大な水槽(紫外線処理した海水が循環している浄化プール)が設置されており、大量の牡蠣が新鮮な状態で販売されています。

また併設の牡蠣作業場には大量の牡蠣が並び、カチカチカと漁師さんらが1個1個殻を磨く姿を拝む事ができる事もあります。

蓑島漁港の「豊前海一粒かき」は、沖合約4キロに浮かぶいかだで養殖されており、周防灘の豊富な栄養価によリー年で大きく育ち、肉厚な身はジューシーで味わい深いのも特徴のひとつ。牡蠣直売所の新鮮な牡蠣がいただける環境が整ったエリアです。

2021年1月3日に、みやこホテル屋上で「カキ小屋ハマタロウ行橋店」が営業開始しました!

蓑島漁港へのアクセス

JR行橋駅からタクシーでのアクセス

JR・平成筑豊鉄道田川線「行橋駅」よリタクシーで約12分。

NAVITIME情報では、料金は1,900円程度になりそうです。

東九州自動車道「行橋インターチェンジ」からのアクセス

東九州自動車道「行橋インターチェンジ」より車で15分程度となっています。

北九州市内からだと、都市高速+長野から下道が早いかもです。