行橋市の牡蠣処「蓑島漁港」では、目の前に広がる豊前海の恵を受けて育ったブランド牡蠣「豊前海一粒かき」の直売所(蓑島カキ直売所・永田カキ直売所)に併設された直営のカキ小屋が2軒営業されています。
蓑島漁港のカキ小屋

蓑島カキ直売所は、2021年11月20日営業開始!カキ小屋永光丸は、出荷量が大幅に減少するとの事で、2021年冬期シーズンの牡蠣小屋営業は休止となっています。

漁港の手前側にドカンと「蓑島カキ直売所」。さらにその奥に進むと「カキ小屋 永光丸(永田カキ直売所)」の看板を発見する事ができます。
蓑島漁港カキ小屋配置

両直売所共に巨大な水槽(紫外線処理した海水が循環している浄化プール)が設置されており、大量の牡蠣が新鮮な状態で販売されています。

また併設の牡蠣作業場には大量の牡蠣が並び、カチカチカと漁師さんらが1個1個殻を磨く姿を拝む事ができる事もあります。

蓑島漁港の「豊前海一粒かき」は、沖合約4キロに浮かぶいかだで養殖されており、周防灘の豊富な栄養価によリー年で大きく育ち、肉厚な身はジューシーで味わい深いのも特徴のひとつ。牡蠣直売所の新鮮な牡蠣がいただける環境が整ったエリアです。

2021年1月3日に、みやこホテル屋上で「カキ小屋ハマタロウ行橋店」が営業開始しました!

スポンサーリンク

蓑島漁港へのアクセス

JR行橋駅からタクシーでのアクセス

JR・平成筑豊鉄道田川線「行橋駅」よリタクシーで約12分。

NAVITIME情報では、料金は1,900円程度になりそうです。

東九州自動車道「行橋インターチェンジ」からのアクセス

東九州自動車道「行橋インターチェンジ」より車で15分程度となっています。

北九州市内からだと、都市高速を長野で降りてから下道を使った方が早いかもです。

行橋(蓑島)エリアで営業するカキ小屋

【行橋・蓑島】カキ小屋永光丸(永田カキ直売所) 2021年冬期

[期間]
2021年冬期シーズンの牡蠣小屋は未定
[営業]
10:00~17:00(最終入店 15:30)
[休み]
年末年始(12/21~01/08)
[席数]
確認中!
[予約]
予約可
[焼台]
バーベキューコンロタイプの炭火焼き
[PR]
2019年冬期より「カキ小屋永光丸」にリニューアルオープン!

【行橋・簑島】蓑島カキ直売所 2021年冬期

[期間]
2021年11月20日(土)~2022年03月下旬
[営業]
10:00~17:00(焼きカキ最終受付 15:00)
[休み]
年末年始
[席数]
120席
[予約]
予約不可
[焼台]
テーブル埋め込みタイプの炭火焼き
[PR]
直売所直営のカキ小屋なので牡蠣が安価(投入個数が多い)

【豊前市】豊築丸の浜焼き小屋 2022年新春

[期間]
2022年01月07日(金)~2020年3月上旬頃
[営業]
平日 11:00~16:00 / 土日祝 10:00~16:00 / ラストオーダー 15:30 / 最終入店 15:00
[休み]
毎週火曜日・年末年始
[席数]
有り
[予約]
平日のみ団体(10名より)予約OK!
[焼台]
ガス火焼き
[PR]
冬季限定。カキだけじゃないカキ小屋!
スポンサーリンク

お願い事項

掲載している情報に関しては、間違いのないように十分注意を払い記載しておりますが、開催期間・料金等の詳細な情報に関しましては、各店舗の公式情報のご確認をお願い致します。